コンタクトレンズを買うときに処方箋は

目の中に何かを入れるということが怖くて、視力は悪いもののずっとメガネをかけて過ごしていました。

遊びに行くときは裸眼で、どうしても見えない時などに要所要所でメガネをかけるようにして過ごしていたのですが、いい加減にそれも面倒になってきましたし、何よりも年齢とともにどんどん視力が落ちていくので、コンタクトレンズを購入することにしました。

今までコンタクトレンズを使っていなかったものですから、お恥ずかしながらほとんど知識を持っていません。

インターネットで調べてみると、どうも処方箋が必要か不必要なのかということで議論が交わされているようです。

医者にかかれば、病気に合わせて薬の指示が出されますが、薬局で薬剤師に渡す薬の指示書こそ処方箋です。

コンタクトレンズについても、まずは眼科に行って目の状態を確認してから購入するイメージがあるのですが、その際処方箋が出されるものではないのでしょうか。

良い機会なので、そのあたりのことについて調べてみようと思います。

インターネットで調べてみると、コンタクトレンズを買うときに必ずしも処方箋が必要とは限らないようですし、眼科医も、診断した時に必ず処方箋を出さなければならないという決まりはないようです。

よく考えてみると、コンタクトレンズは医薬品ではありませんから、そもそも処方箋という言葉を使うこと自体誤っているとも考えられます。

コンタクトレンズの処方箋について詳しくはコチラのサイトを参照しました。

参考になるコンタクトレンズ処方箋の詳細

けれども、今までコンタクトレンズを使ったことがない人間にとっては、目の状態やレンズの使い方などきちんと知っておかないと不安ですし、説明がないほうが良いとはまったく思いません。

これまでも必要とされているからこそ眼科に行けばもらえるものだったのでしょうし、出さないところがあったらなぜ出さないんだと言われることもあったようですし。

もう少し調べてみないと、結論は出そうにありません。

何よりも、初めて買うのですから、合わないものを買ってしまったり、誤った使用法を取ったりするようなことは避けたいものです。

Comments are closed.