女性化乳房の治療を受けました。

違和感を感じだしたのは高校の頃

私は高校生の頃から胸に違和感を感じ始めました。
右胸の痛みが気になるようになり、明らかに女性の胸のように膨らみが出てきたのです。
私の上半身を見た友達は「胸がでかい」とからかい、そのように言われると恥ずかしくて思わず女性のようにタオルで隠してしまいました。
その事があって以来、友達の前では着替える事が出来なくなり、また銭湯や温泉に行く事もありませんでした。
またもう一つ心配していたのが痛みです。
自分はまだ大学生、しかも男性ですから「乳がんなんてありえない」と思いつつ、日が経ってもその痛みが消える事がありません。
痛みがあり胸が膨らんでいる、さらにそのタイミングで男性でも乳がんになる可能性があるという情報をテレビで知ったのです。
そうなるとパニックになり、早く誰かに診察してもらいたい、原因が何なのか知りたいと思い、地元の総合病院へ駆け込みました。
内科なのか外科なのかどこを受診すれば良いかわからなかったのですが、受付の方に聞いてみたところ、乳腺外科を紹介してもらいました。
待合スペースに待っているのは女性ばかりだったので、正直なところ居心地は悪かったです。
名前を呼ばれて症状を説明した後、ベッドに寝かされてエコー検査が行われました。
機械で右胸を押さえられる度にやはり痛みを感じ、検査を受けている間はとにかく不安で仕方ありませんでした。
検査が終わって再び診察室へ入ると、先生からは「女性化乳房の症状です」と言われました。

女性化乳房、日帰り手術で治療してもらいました。

大学1回生の頃、何となく胸に痛みを感じ始めました。
自分は男性なので胸が痛くなるはずがない、きっとすぐに治るだろうと、最初はあまり気にしていなかったのですが、半年、1年と経過しても治りません。
さらに今度は乳輪周辺が盛り上がり、ちょっと小さめの女性のおっぱいのようになってきました。
見た目の変化にも戸惑い、自分の体はどうなっているんだろうと、恐怖すら感じるようになりました。
心配になった私はインターネットで自分の症状について探してみたのですが、その時に女性化乳房という症状がある事を知りました。
ホルモン異常や薬の副作用など理由になるものが挙げられていましたが、自分は何が原因でそのようになっているかはわかりません。

ただ脂肪がついて膨らんでいるのでなければ、自然に治ることはほとんどなく、逆に大きくなってしまう可能性がある事を知り焦りました。
当時私は田舎を出て一人暮らしをしていたので、誰にもこの悩みを打ち明ける人はいませんでした。
どこかで早く治療を受けたいと考えた私は、女性化乳房の治療を積極的に行っているクリニックを受診する事に決めました。
地元の大学病院などでも良かったのですが、ほとんどが女性の患者で埋まっている乳腺科の待合室で待つという事が耐えられそうになかったからです。
私が行ったクリニックは、これまでにも多くの女性化乳房治療実績がありました。
触診の後にまずは超音波を使っての検査が行われ、自分の胸がどのようになっているのかを教えてもらいました。
人によっては、単に太っていて脂肪がついているだけの場合もあるようですが、私は乳腺が発達しており、さらにその周りに脂肪がついているとの事でした。
そのため、どれだけエクササイズやトレーニングで体を引き締めようとしても、乳腺が邪魔をして、胸だけは筋肉がつかなくなっていると言われました。
治療するには乳腺の切除、さらに脂肪吸引などの手術が必要との事で、総額費用はかなり高かったです。
ただこれまで、「この胸さえ無ければ、もっと自分に自信が持てるのに」と感じていたのは事実です。
そこで思い切って手術を受ける事を決め、血液検査などをして帰りました。
カウンセリングから1か月後が手術日です。
全身麻酔を受けるとの事で、前日は夜の7時以降は絶食状態でした。
水は飲んでも良かったので、朝からひたすら水を飲んでいたと思います。
空腹感より、初めて受ける手術に対しての緊張感が強かったのだと思います。

その後、看護師さんから渡された服に着替え、手術室へ入りました。
「今から麻酔の注射を打ちますね」と声をかけられ、少しチクッとした痛みを感じた後は、次第に意識が薄れていきました。
完全に眠った状態で治療を行われ、目が覚めた時には、看護師さんから「全部終わりましたよ」と声をかけてもらいました。
乳腺切除、脂肪吸引という大きな施術を行ったものの、自分が予想していたより痛みは少なかったと思います。
もちろん動く度に痛みがありましたが、無事に自力で帰宅する事は出来ました。
その後はテープやサポーターを使って処置します。
この日は田舎から母親にも出てきてもらっていたのですが、体が少し不自由な分、傷口の手当を手伝ってもらえるのは有難かったです。
母も最初は「女性化乳房なんて変わった病気だね」と驚いていましたが、手術が無事に終了してホッとした様子でした。
その後の経過は順調で、日が経つにつれて痛みや浮腫みが無くなっていき、男性らしいスッキリとした胸を手に入れることが出来ました。
普通の男性なら当たり前の事ですが、この平らな胸を見ると、自分でも惚れ惚れとしてしまいます。
医師からは筋トレを頑張ると筋肉がつくようになりますよとアドバイスされたため、最近はスポーツジムで汗を流すようにしています。
とにかく普通の男性らしい体型になった事が嬉しいです。

違和感を感じだしたのは高校の頃手術を受けることに胸で悩んでいるあなた、早めの検査を